筋肉痛はなんで起こるのか

筋肉痛はなんで起こるのでしょうか。
とくに、普段使っていない筋肉を運動などで使うと翌日や翌々日に筋肉痛になることがあります。
筋肉痛の原因とはどんなものがあるのでしょうか。

筋肉痛の原因は、運動によって傷ついた筋線維を修復するときに起こるのではないかといわれています。

普段使わない筋肉を使ったり、または同じ筋肉を使いすぎることによって筋線維に傷が付きます。
そして、破損した筋線維を修復するために血液成分が集まります。その時に炎症が生じで痛みを感じる仕組みになっています。
筋線維そのものは痛みを感じませんので、炎症が広まって痛みを感じる物質が筋膜に届き痛みを感じます。
しかし、筋肉痛の原因については諸説ありますので、これは有力な説の一つにすぎません。

普段使っている筋肉には毛細血管がよく巡っていますが、あまり使っていない筋肉には毛細血管があまり張り巡らされていません。よって、破損した筋線維に血液成分が届くまで時間がかかります。そうすると痛みを感じる物質の生成に時間差が生じます。この時間差が筋肉痛が少し時間を置いてから起きる原因なのではないかといわれています。

http://lifeup-tsuuhan.xyz/