一戸建て住宅の防犯対策はどうするのか

一戸建て住宅の防犯対策はどうするのでしょうか。
マンションと比較すると一戸建て住宅は窃盗が侵入する確率が高くなる傾向にあります。

一戸建て住宅で窃盗が侵入する場所は窓が多いです。
玄関や裏口から鍵を外して侵入しているより窓が多いのです。
玄関の鍵を外していると外からバレバレになる確率が高くなりますからね。

窓ガラスを壊して侵入してきます。
窓ガラスを思いっきり割ったら音がしますので音がしないように壊します。
また、窓ガラス全体を壊す必要はなく、内側のカギが外れるくらいの大きさを壊せば侵入を可能にします。

よって、防犯対策としては、窓ガラスに注意します。
とくに自宅の外から見えにくい場所にある窓は要注意です。
カギを二重タイプにしたり、一階部分なら防犯用の砂利をまくだけも抑止効果が期待出来ます。

次に侵入してくる場所は玄関と裏口です。
これはカギの施錠し忘れのために侵入を許してしますケースが多いようです。
ガキの施錠はしっかりと忘れずにやるだけもある程度は侵入を防ぐことが出来ます。
ちょっと隣の家に用事があって出るだけだからカギは掛けないないなんてことがないように注意して下さい。

他に防犯対策としては、セキュリティサービスと契約をする方法があります。

https://kagiake-24jikan062.net/